旧薪炭林の用材生産林への誘導法(385)

旧薪炭林の用材生産林への誘導法(385)

課題番号1992004499
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題成熟途上林業地帯における経営管理技術及び施業技術の高度化
大課題低山帯林地の高度利用技術の確立
中課題有用広葉樹林の造成技術の確立
小課題旧薪炭林の用材生産林への誘導法(385)
摘要広葉樹林択伐跡地と天然林内のホオノキ各2本、計4本の個体下に更新調査コドラートを設置して、伐採跡地と閉鎖林下のホオノキ実生の発生と生残を比較考察し、ホオノキ実生の更新特性を明らにした。ホオノキ実生の発生は遅く、7月上旬から発生が確認された。実生は、前年に伐採が行われた択伐地では、林床植生が破壊されたコドラートに多く発生し、そこでは、ササが優占するコドラートに比較して実生の生残率も高かった。これに対して、天然林の個体下では一部のコドラートに実生が発生したが、発生本数は少なかった。
研究分担東北・広葉樹研更新研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029684
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat