ナラ類種子害虫の被害実態とその生態の解明(387)

ナラ類種子害虫の被害実態とその生態の解明(387)

課題番号1992004500
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題成熟途上林業地帯における経営管理技術及び施業技術の高度化
大課題低山帯林地の高度利用技術の確立
中課題有用広葉樹林の造成技術の確立
小課題ナラ類種子害虫の被害実態とその生態の解明(387)
摘要ナラ類の種子害虫についてその実態を把握し,主要な害虫についてはその生態を明らかにするため,安比と八甲田の固定試験地にシ−ドトラップを設置し落下種子の被害調査を行った。本年は比較的種子の落下が多く,未熟な種子は7月上旬から,成熟種子は9月上旬から落下した。虫害は種子の未熟な時期にはみられず,堅果が殻斗から頭を出すと急激に増加し,9月上・中旬の被害率は安比で60%,八甲田で50%であった。未熟な種子の落下は比較的多く,総落下数に対し安比で53%,八甲田では64%であった。加害種はゾウムシ科,ハマキガ科の数種で,主要種はゾウムシ科のコナラシギゾウムシとハマキガ科の2種,サンカクモンヒメハマキ,Cydia sp.であるが,ハマキガ科は早い時期に加害し脱出する。
研究分担東北・昆虫研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029685
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat