凍裂によるスギ樹幹の材質劣化過程の究明(406)

凍裂によるスギ樹幹の材質劣化過程の究明(406)

課題番号1992004527
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題成熟途上林業地帯における経営管理技術及び施業技術の高度化
大課題良質材生産技術の改善
中課題材質劣化防止技術の開発
小課題凍裂によるスギ樹幹の材質劣化過程の究明(406)
摘要岩手大学滝沢演習林から、89年生スギの凍裂木(霜腫れが4ヶ所)を伐採し、その樹幹内部を調査した。地際部から50cmごとに円板を採取し、各凍裂の割れの発達状態を調べた。最も古い凍裂は地上0.5m部位で28年前に発生したが、その割れは上下方向にはほとんど進展しなかった。つぎに古いものは27年前に1〜2m部位で発生ており、ついで上方へ、下方へと進展していた。その後はしばらくの間は新たな発生はなく、18年前と11年前にそれぞれ1ヶ所づつ発生したが、樹幹中への進展はわずかであった。いずれの凍裂の割れも、同一の目回りから外方へと延びていた。
研究分担東北・更新研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029712
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat