林地の開発が気象環境に及ぼす影響(433)

林地の開発が気象環境に及ぼす影響(433)

課題番号1992004555
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H05
年度1992
研究問題多雪・寒冷地帯における森林維持・造成技術の高度化
大課題多雪・寒冷地帯の保全的施業技術の体系化
中課題山地荒廃予防・復旧技術の確立
小課題林地の開発が気象環境に及ぼす影響(433)
摘要北上山地早坂高原の最も風食荒廃の激しい稜線部の強風域は、標高1,070〜1,080mで、復旧対策のひとつに風の緩和がある。そこで化繊ネットを用いた防風工作物(高さ1.5×長さ30.0m)を作り、ネット高(H)の15倍間隔で3列に配置し、風の減少効果を調べた。ネットの透過率は60%である。第一ネットの前方5Hの高さ2.5mの風速を基準点として相対風速比でみた。第一ネット後方の5H地点では30〜50%、第二、第三ネット後方では40〜70%の範囲で変動し、地形の影響がみられた。しかし地表面に変化がある風衝荒廃地でも、ネットによる減風の効果の大きいことがわかった。一方長期間工作物を設置しておくには、その強度に難点があった。荒廃経緯からみて、地表部の減風が必要であるので、今後は経済性と減風効率に配慮して、工作物の高さを低くすることを検討していく。
研究分担東北・防災研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029740
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat