有益鳥類群の害虫捕食特性の解明(447)

有益鳥類群の害虫捕食特性の解明(447)

課題番号1992004569
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H06
年度1992
研究問題多雪・寒冷地帯における森林維持・造成技術の高度化
大課題多雪・寒冷地帯の保全的施業技術の体系化
中課題病虫獣害の防除技術の確立
小課題有益鳥類群の害虫捕食特性の解明(447)
摘要ブナアオシャチホコの大発生終息期における、鳥類の生息実態と捕食実態を調べた。本種は1990年に大発生し、1991年には密度が大きく減少したが、鳥類群集は優占種や生息密度に変化がみられなかった。しかし、シジュウカラの給餌内容には、90年7月、91年6月、同7月で大きな違いがみられた。6月の餌の中では鱗翅目幼虫の比率が高く(78.4%)、クモは少なかった。90年7月には本種の幼虫が全餌の75.2%を占めたのに対し、91年7月には9.2%に減少した。7月の餌に占める鱗翅目幼虫の比率も、92.4%から48.3%に減少した。逆にクモの占める割合は、7.6%から36.7%に増加した。効率的にデータを収集するため、ビデオカメラの台数を増やす必要がある。
研究分担東北・昆虫研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029754
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat