クマゲラの生息実態の解明(455)

クマゲラの生息実態の解明(455)

課題番号1992004578
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H06
年度1992
研究問題多雪・寒冷地帯における森林維持・造成技術の高度化
大課題多雪・寒冷地帯の保全的施業技術の体系化
中課題鳥獣の保護管理技術の確立
小課題クマゲラの生息実態の解明(455)
摘要南八甲田地域でクマゲラの生息状況調査を行った。また、東北各地でクマゲラの生息状況の調査を行った。その他、クマゲラ情報の収集および倒れたクマゲラ営巣木の回収、計測を行った。本年度に繁殖の確認されたのは、青森県の4ヶ所であった。前年度に繁殖が確認された白神赤石林道では、営巣木が倒壊したため生息の確認のみであった。田沢湖町乳頭付近、雫石国見、津軽半島では、クマゲラと思われる食痕が発見されたが、生息の確認はできなかった。下北半島、南会津や秋田県生保内沢では、生息痕は発見できなかった。南八甲田地域では、生息確認調査の結果、クマゲラのつがいと幼鳥雄1羽を確認し、クマゲラの繁殖が確認された。
研究分担東北・鳥獣研(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029763
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat