有益鳥獣の誘致定着化技術の開発(468)

有益鳥獣の誘致定着化技術の開発(468)

課題番号1992004592
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S62〜H05
年度1992
研究問題関東中部地域における環境保全的森林管理技術の高度化
大課題首都圏における都市近効林の総合利用計画手法の確立
中課題都市近郊林の管理方式の確立
小課題有益鳥獣の誘致定着化技術の開発(468)
摘要森林総合研究所多摩試験地において、1)巣箱での繁殖調査、2)食餌木植栽林の鳥類の誘致効果調査、3)池沼の造成による鳥類の誘致効果調査を実施した。1)巣箱を利用した種類はシジュウカラで、産卵箱数10(80卵)、ふ化箱数6(48羽)、巣立ち箱数3(24羽)であった。2)ガマズミ、ウメモドキ、シャリンバイ等の植栽誘致林に成熟した実を採食するために飛来した鳥類は、ヒヨドリ、ツグミ、オナガ、メジロ等15種類で、全体の40%がガマズミに集中し、総数13樹種が採食利用された。3)池沼を利用した鳥類は、カルガモ、コサギ、カワセミ、キセキレイ、ヒヨドリ、キジ、メジロ、アオジ等17種類であった。本年度は、カワセミの番が頻繁に飛来した。
研究分担多摩(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029777
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat