広葉樹二次林の群落構造と動態の解析

広葉樹二次林の群落構造と動態の解析

課題番号1992004606
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H04〜H08
年度1992
研究問題風致林及び都市近郊林の育成・管理技術の高度化
大課題都市近郊林の造成・管理技術の向上
中課題都市近郊林の林相管理技術の向上
小課題広葉樹二次林の群落構造と動態の解析
摘要かつて薪炭林として利用された落葉広葉樹林は現在その多くが放置されているが、西日本の場合その中には常緑広葉樹林へと遷移してきているところが見られる。これらの林は、適切に取りあつかうことで都市近郊林として望ましい森林に誘導し、新たな利用の対象とすることが可能であるが、そのためには、このような林の群落としての構造や動態を解明しておく必要がある。そこで本研究では、ギャップ形成や更新などの群落構造・動態の視点と、フェノロジーや生活史戦略、あるいは環境への適応などといった視点とを関連づけて解析し、都市近郊の広葉樹林の造成・管理技術の向上に寄与することをを目的とする。ギャップ形成過程の調査の中ではギャップの大きさや形状の推移を、群落構造・動態の調査の中では林冠の閉鎖度と個々の樹木の樹冠形や幹の形質の推移を、フェノロジー研究の中では落葉広葉樹の葉の展開過程等を樹冠・幹形解析装置を用いて長期間モニタリングする。
研究分担関西・造林研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029791
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat