山火事跡地の植生回復に伴う土砂流出の変化(497)

山火事跡地の植生回復に伴う土砂流出の変化(497)

課題番号1992004613
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H07
年度1992
研究問題風致林及び都市近郊林の育成・管理技術の高度化
大課題都市近効林の防災的管理技術の向上
中課題森林の土保全機能の解明と治山工法の改善
小課題山火事跡地の植生回復に伴う土砂流出の変化(497)
摘要山火事による森林の土保全機能の変化を解明するため、山火事被災地において侵食土砂量の測定を行った。あわせて、Ao層の燃焼が土壌の透水性に及ぼす影響を調べるため、土壌サンプルによる透水試験を行った。侵食土砂量の測定試験地は相生市の市有林で、そこに幅48cm、長さ100cmのプロットを植被率(0,30,60,100%)に応じて12個設定した。侵食土砂量を定期的に回収し、乾燥重量を測定した結果、侵食土砂量は植被の回復とともに減少することがわかった。樹種の異なる林分から400ccの円筒で採土したサンプルの透水試験からは、有機物の燃焼によりヒノキとクヌギでは透水性が低下するが、マツでは逆に増大する傾向が認められた。
研究分担関西・防災研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029798
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat