林内の地面蒸発量推定モデルの開発(501)

林内の地面蒸発量推定モデルの開発(501)

課題番号1992004617
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題風致林及び都市近郊林の育成・管理技術の高度化
大課題都市近効林の防災的管理技術の向上
中課題温暖少雨地帯における森林の水保全機能の評価手法の開発
小課題林内の地面蒸発量推定モデルの開発(501)
摘要裸地面からの蒸発量をシミュレートするモデルを構築し、そのプログラムを作成した。モデルの中身について説明する。土壌中の水分移動には、液相によるものと、気相によるものとの2種類がある。液相による水分移動は「リチャーズの飽和−不飽和浸透理論」、気相のそれは、「フィックの方則」に基づいた。これらによる水分移動を「有限要素法」で計算した。また蒸発量の計算には、大気中と地面最表層部の湿度勾配に応じて、可能蒸発位が減じることとした。その結果、裸地面蒸発量の日変化のシミュレートに、おおむね成功した。
研究分担関西・防災研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029802
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat