保育方法の違いと量的質的成長との関係解明(543)

保育方法の違いと量的質的成長との関係解明(543)

課題番号1992004660
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題関西地域における森林造成技術と経営管理方式の確立
大課題良質材生産技術の高度化と経営管理方式の確立
中課題林業技術の地域特性の解明
小課題保育方法の違いと量的質的成長との関係解明(543)
摘要間伐後、8,9年経過したヒノキ林、スギ林で間伐方法(大径木間伐、中径木間伐、小径木間伐)の違いによる間伐後の残存木の成長を調べた。林分断面積成長率は、間伐後2年目から間伐区の方が無間伐区より大きくなり、時間の経過とともにその差が大きくなる傾向がみられた。間伐方法の違いによる林分成長率の違いははっきりしなかった。個体成長では、個体の大きさによって間伐効果が異なり、小径木間伐では相対的に小さな残存木ほど、中径木間伐、大径木間伐では、相対的に大きな残存木ほど間伐効果がやや大きくなった。来年度は各個体の位置関係から間伐効果を調べる。
研究分担関西・造林研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029845
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat