ミズメ個体群の更新機構と集団の成立条件(549)

ミズメ個体群の更新機構と集団の成立条件(549)

課題番号1992004664
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H04
年度1992
研究問題関西地域における森林造成技術と経営管理方式の確立
大課題良質材生産技術の高度化と経営管理方式の確立
中課題林業技術の地域特性の解明
小課題ミズメ個体群の更新機構と集団の成立条件(549)
摘要泥炭の花粉分析とプラントオパール分析、ミズメ林周辺の植生調査、積雪深などの気象観測、ミズメとダケカンバの播種試験等を行い、氷の山のミズメ林の成立要因を調べた。ミズメ林の成立にはササ群落の成立と関係があり、ササ群落の一斉開花・枯死の機会に種子散布力の比較的大きいミズメが長寿の樹種として残ったと推測される。今日ミズメが疎林であるのは、チシマザサの一斉枯死の間隔とミズメの寿命との関係から説明できよう。またミズメが山頂部のチシマザサ群落に成立していないのは、萌芽力を早く失うことと、雪圧に対してあまり強くないためだと思われる。来年度はミズメ林の種子生産を中心に調査をすすめる。
研究分担関西・造林研土壌研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029849
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat