ヒノキ漏脂性病害の漏脂原因の解明及び被害地の環境解析(579)

ヒノキ漏脂性病害の漏脂原因の解明及び被害地の環境解析(579)

課題番号1992004698
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題豪雨急傾斜地域における森林施業技術の体系化
大課題高度に人工林化した地域における林業経営技術の向上
中課題温暖多雨地における病虫害防除技術の開発
小課題ヒノキ漏脂性病害の漏脂原因の解明及び被害地の環境解析(579)
摘要管内国有林、各県林業関係者に被害情報の提供を求めつつ進めた。1)愛媛県松山市久谷の被害林は、樹脂流出が幹部の地上2〜3mに認められ、激しいものは腐朽または奇形して明らかに漏脂病と診断される被害であった。2)高知県甫喜ガ峰森林公園の被害木は、除伐時の擦傷、ヒノキカワモグリガの侵入痕などによるものと観察された。3)高知県吾川村の被害は、異常木の発生地が風衝地に当り、風による傷が引金となったものと推測された。1).2).3)から試料を採集し、病原菌の分離試験を行い現在調査中である。
研究分担四国・保護研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029883
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat