病虫獣害発生情報の収集と解析(581)

病虫獣害発生情報の収集と解析(581)

課題番号1992004700
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H09
年度1992
研究問題豪雨急傾斜地域における森林施業技術の体系化
大課題高度に人工林化した地域における林業経営技術の向上
中課題温暖多雨地における病虫害防除技術の開発
小課題病虫獣害発生情報の収集と解析(581)
摘要被害診断依頼件数は、病害26件、虫害18件、獣害7件で昨年度まで減少傾向のマツ激害型枯損が増加した。ヒノキ暗色枝枯れ病が高知県、ヒノキならたけ病が香川県で発生した。カメムシ類などスギ・ヒノキ球果害虫が異常発生し、ニホンキバチ被害は四国全域に及んでいることが明らかになった。スギノアカネトラカミキリ分布調査を高知県西北部で、シキミ加害のクスアナアキゾウムシ被害・生態を県北部で調査した。魚梁瀬営林署管内スギ・ヒノキ林の獣害、高知県西部のヒノキ林及びシイタケ原木の獣害が激増し、関西支所昆虫研と共同で調査を行った。
研究分担四国・保護研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029885
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat