樹冠空間の光環境の解析と枯死発生過程の解明(587)

樹冠空間の光環境の解析と枯死発生過程の解明(587)

課題番号1992004707
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H04
年度1992
研究問題豪雨急傾斜地域における森林施業技術の体系化
大課題高度に人工林化した地域における林業経営技術の向上
中課題有用広葉樹林の施業技術の開発
小課題樹冠空間の光環境の解析と枯死発生過程の解明(587)
摘要約40年生二次林内のスダジイ上木について、大きさの異なる個体の樹冠クラスターに袋状のリタートラップをかけ、クラスター毎の落葉速度を測定した。樹冠上部の明るいところのものほど、クラスターは大きく、大きなクラスターほど、落葉率が高い傾向が認められた。落葉率は20%から100%の範囲にあった。一方、枯死過程にある小個体のクラスターでは、落葉率は40〜60%と、前記の一般的傾向から乖離した落葉率となり、また新しい開葉も観察されなかった。
研究分担四国・経営研造林研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029892
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat