野生きのこ類の生理・生態的特性の解明(624)

野生きのこ類の生理・生態的特性の解明(624)

課題番号1992004738
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
他機関
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題九州地域における森林の多目的利用技術の高度化
大課題森林の複合的利用技術の開発
中課題特用林産物の生産技術の向上
小課題野生きのこ類の生理・生態的特性の解明(624)
摘要(1)宮崎県北方町の大崩山、鬼の目林道周辺、その他県内外で野生きのこ20数種を採集し、純粋培養菌株を得たものはシイタケ、ヒラタケ、ナメコ、ブナシメジなど15種であった。(2)培養温度5〜35℃について、PDA培地で7日間培養後のブナシメジ5系統の菌糸伸長を測定した結果、最適温度は5系統とも23℃であった。菌糸の伸長が認められなかった35℃について、適温に戻して培養を続けたところ、正常な生育が確認された。PDA平板培地を用いて対峙培養を行い、帯線形成の有無により各系統の異同を判定した結果、すべて異なった系統であることがわかった。
研究分担九州・特産研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029923
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat