次世代木材(SST)の軸材製造技術の開発

次世代木材(SST)の軸材製造技術の開発

課題番号1992004802
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H03〜H05
年度1992
研究問題木材の加工・利用技術の高度化
大課題木材の加工技術の改良・開発
中課題集成加工技術の高度化
小課題次世代木材(SST)の軸材製造技術の開発
摘要SSTは、丸太を機械的に割り裂いて細長いストランドに細分し、これを高速乾燥、接着剤散布の後に成形圧締する新しい木質材料である。この製造方式によれば、原木の形質を問わず高能率・高収率で加工することができ、しかも多様な形態と品質の製品を造ることができる。本研究課題では、比較的大断面、高強度の柱や梁にも使用可能な軸材料を製造する技術を開発する。長さの異なるスギのロータリーレース単板(100mm,300mm,600mm)を割裂ロールプレスで幅10mm,厚さ3mmのストランドに裁断し、これらのストランドを組み合わせて6種類のSSTを製造し、各種性能試験を行なった。その結果、ストランド長300mm,ランダム構成のSSTが製造、品質の両面からみて適切であった。
研究分担木材化工木材利用・集成研複合化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029987
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat