主要構造部材のクリープ試験(687)

主要構造部材のクリープ試験(687)

課題番号1992004805
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S60〜H06
年度1992
研究問題木材の加工・利用技術の高度化
大課題木質材料の性能評価及び利用技術の開発
中課題木質材料の強度性能の評価
小課題主要構造部材のクリープ試験(687)
摘要スギLVLの縦圧縮クリープ破壊試験を恒温恒湿(20± 1℃、相対湿度75±5%)条件下で継続して測定した。約4年間(35712時間)を経過した時点で、縦圧縮比例限度(194kgf/cm2)の2/3を応力レベルにとった2試験体は、表層単板の一部に局部的な座屈を生じているものの、試験体全体として目視で圧縮破損線は認められず、最終的破壊には達していない。これらの全断面に対するみかけの圧縮クリープ応力は、133kgf/cm2、単板のバットジョイント部を除いた正味の断面に対する圧縮クリープ応力は、それぞれ169kgf/cm2、206kgf/cm2であった。
研究分担木材利用・材料研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029990
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat