実大部分実験による設計法の検証(701)

実大部分実験による設計法の検証(701)

課題番号1992004819
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題木材の加工・利用技術の高度化
大課題木質材料の性能評価及び利用技術の開発
中課題木質組立部材の開発
小課題実大部分実験による設計法の検証(701)
摘要設計した半円筒ド−ム型屋根ダイアフラムの構造安全性を検討するため、その水平加力試験を行った。ド−ムの寸法は 3.64m×7.28m×1.82m(高さ)で、加力は両端単純支持で中央集中荷重方式とした。試験体の最大荷重は6200kgfで、設計荷重2352kgfの2.6倍であった。この倍率はこれまでに実施した他の形のダイアフラムの値と同じで、平面形ダイアフラムの設計式が曲面ダイアフラムにも適用可能であることが分かった。許容耐力時のダイアフラム中央の水平たわみは15.5mmで、計算値12.5mmより25%高目であった。これは集中荷重を受ける端部および中央の湾曲ア−チが変形を生じ、ダイアフラム全体がねじれ変形を起こしたためと推察される。
研究分担木材利用・構造研接合研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030004
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat