木質直張り床板の振動伝達特性(712)

木質直張り床板の振動伝達特性(712)

課題番号1992004827
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題木材の加工・利用技術の高度化
大課題木質材料の性能評価及び利用技術の開発
中課題木質居住環境の性能の評価
小課題木質直張り床板の振動伝達特性(712)
摘要コンクリートスラブ素面および木質直張り床板について、駆動点機械インピーダンスと軽量衝撃時のコンクリートスラブ下面の応答振動速度レベルの周波数スペクトルを測定した。全般的傾向として、軽量床衝撃音の遮音等級が高いほど、広い周波数範囲にわたって、駆動点機械インピーダンスおよびコンクリートスラブ下面の応答振動速度レベルの低くなることがうかがわれる。この結果は、インピーダンスの低い床板ほど軽量衝撃に対して緩衝性が高く、最大衝撃力が低下するため、コンクリートスラブ下面の応答速度レベルも低下することを示している。
研究分担木材利用・機械加工研木質環境研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030012
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat