リグニン炭水化物結合体の反応機構の解明(768)

リグニン炭水化物結合体の反応機構の解明(768)

課題番号1992004872
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間延H01〜H06
年度1992
研究問題木質系資源の改質・成分利用技術の高度化
大課題樹木の化学成分特性の解明と高度利用法の開発
中課題木材主要成分の特性解明と分離技術の開発
小課題リグニン炭水化物結合体の反応機構の解明(768)
摘要ベンジルエ−テル型リグニン・炭水化物結合体のモデル化合物として、グアイアシルグリセロ−ル−α−エチル−β−クレオソ−ルエ−テルを合成し、その塩素漂白過程での反応を検討した。ガスクロマトグラフィ−でメタノ−ル及びエタノ−ルを定量し、さらに反応生成物をアセチル化してGCMS分析を行った。その結果、塩素漂白過程でリグニンは、核の塩素化、メトキシの開裂、β−エ−テルの開裂は受けるが、α−エ−テルの開裂はほとんど受けないことが分かった。従って、LCC結合は塩素漂白に対して安定であることが分かった。
研究分担木材化工・木化研(科長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030057
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat