黒心化関与成分による早期検定法の開発

黒心化関与成分による早期検定法の開発

課題番号1992004894
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題木質系資源の改質・成分利用技術の高度化
大課題樹木の化学成分特性の解明と高度利用法の開発
中課題樹木抽出成分の特性解明と利用開発
小課題黒心化関与成分による早期検定法の開発
摘要スギ林業では、黒心スギを避け、優良な材色の品種系統を早期に選抜する検定手法の開発が必要となっている。本課題では赤心スギと黒心スギの成分的差異を分析的に解明し(4〜5年)、黒心スギに含有される黒化成分およびその前駆体をもとにして、化学成分分類により難黒心化系統のスギを選抜するための指標の発見及び簡易分析法を開発する(5〜6年)。これにより良材色系スギの広範な選抜育種が可能となる。課題遂行に新案の木材変色成分自動検出装置が必要である。
研究分担木材化工・抽出研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030079
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat