DNA制限酵素断片長多型(RELP)を利用したDNAプローブの開発(807)

DNA制限酵素断片長多型(RELP)を利用したDNAプローブの開発(807)

課題番号1992004901
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H04
年度1992
研究問題生物機能の解明による新利用技術の開発
大課題林木の生理機能及び遺伝子発現調節機構の解明
中課題林木の遺伝子の構造解析と発現調節機構の解明
小課題DNA制限酵素断片長多型(RELP)を利用したDNAプローブの開発(807)
摘要DNA制限酵素断片長多型(RFLP)を利用してスギの品種・系統の識別・同定や連鎖地図作製を行うことを目的とし、RFLPを示すDNAプローブを多数探索するため、以下の検討を行った。1)多数のDNAプローブを探索するため、制限酵素EcoRIで切断したスギDNAを用いてDNAライブラリーを作製した。2)すでに探索したRFLPを示すDNAプローブ6個を用い、次世代が育成されているスギ27クローンについてサザン分析を行い、これらのDNAプローブが品種・系統の識別・同定や連鎖地図作製に利用可能であることを明らかにした。
研究分担生物機能・遺伝分析研遺発研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030086
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat