林木(ポプラ)の形質転換体作出法の開発(815)

林木(ポプラ)の形質転換体作出法の開発(815)

課題番号1992004907
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題生物機能の解明による新利用技術の開発
大課題林木の細胞工学的手法による新育種技術の開発
中課題林木の細胞操作技術の開発
小課題林木(ポプラ)の形質転換体作出法の開発(815)
摘要ポプラプロトプラストに対する遺伝子導入法の開発では、■マイクロインジェクション法については、インジェクション時の保持用針の調製に困難があったが、細胞のピックアップに関しては解決したので、少量培養法の検討を行った。■エレクトロポーレーション法については、電気条件とともに、培養の際の好適培養密度を選択する必要性を明らかにした。カルスからのシュート分化は、培地の検討により、電気処理の影響の無い分化条件を見いだした。エレクトロポーレーション後のコロニー、カルス由来の葉のグルクロニダーゼ活性発現は、青色の発色までに三日以上を要したので、低導入か、バクテリア汚染かの問題が残った。
研究分担生物機能・細胞操作研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030092
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat