核DNA量の倍数的増加機構の解明

核DNA量の倍数的増加機構の解明

課題番号1992004912
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H04〜H09
年度1992
研究問題生物機能の解明による新利用技術の開発
大課題林木の細胞工学的手法による新育種技術の開発
中課題林木の組織培養法の開発
小課題核DNA量の倍数的増加機構の解明
摘要正常に発育している植物体において、細胞の分化や老化等に伴って核DNA量の倍数的増加が起こることが知られている。しかし、その制御機構や意義については、まだあまりよくわかっていない。インゲンマメ第一葉の向軸側表皮、葉肉、背軸側表皮のそれぞれについてDAPI染色を行い、核当りのDNA量を顕微蛍光測光法で測定した。その結果、葉肉と背軸側表皮では核DNA量は2Cであるが、向軸側表皮のみは強光下では4C、弱光下では2Cと変動することを見いだした。さらに、樹木においてもこのような光環境に対応した核DNA量の変化が起きるかどうかを調べ、これらの材料を用いて、核DNA量の変化の制御機構と生物学的意味の解明を目指す。4〜5年度は林木培養苗を用いた実験系の確立を、6年度以降は制御機構の解明を行う。
研究分担生物機能・培養研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030097
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat