栽培基質と子実体の成分(825)

栽培基質と子実体の成分(825)

課題番号1992004914
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H04
年度1992
研究問題生物機能の解明による新利用技術の開発
大課題きのこの生物機能及び遺伝資源の高度利用技術の開発
中課題きのこ類の分類と生理・生態の解明による高度生産技術の開発
小課題栽培基質と子実体の成分(825)
摘要Znを添加したおが屑培地にヒラタケを生育させ、ヒラタケのZn等元素の物質吸収能について検討した。添加Zn濃度は、対照を含め6段階である。試料は、湿式灰化により前処理を行い、原子吸光分析法及びICP発光分光分析法により9種類(Zn,K,P,Na,Mg,Ca,Fe,Cu,Mn)の元素分析を行った。分析の結果、菌かきした菌糸体Zn濃度は、Zn添加濃度を変えても、ほとんど変化しなかった。1・2次発生子実体のZn濃度は、Zn添加濃度を増加させるのに伴い、増加した。菌糸体と子実体濃度との比較で、Znは子実体の方が菌糸体より濃度は高かったが、他の元素は逆であった。また柄より傘濃度が高かった元素は、Zn,k,P,Mg,Fe,Mnであった。
研究分担生物機能・きのこ生研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030099
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat