菌根菌の人工接種技術の開発

菌根菌の人工接種技術の開発

課題番号1992004916
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H03〜H07
年度1992
研究問題生物機能の解明による新利用技術の開発
大課題きのこの生物機能及び遺伝資源の高度利用技術の開発
中課題きのこ類の分類と生理・生態の解明による高度生産技術の開発
小課題菌根菌の人工接種技術の開発
摘要ホンシメジの栽培化の基礎資料を得るため、各地から収集した菌株について、酵素活性染色法などによりその系統の近縁関係を明らかにする。各県の公立林試に依頼して集めたホンシメジとその同属の菌株を、エビオス添加PDA培地で継代培養する(保存)。保存系統を液体培養して菌体を得る。これの細胞内酵素(エステラーゼ等)を電気泳動で展開して活性酵素を染色し、菌株相互の近縁関係を解明する。今年度は、継代培養を1回行い、約30系統を液体培養して試験した。これまでの染色デ−タとの突き合わせてついては検討中である。次年度も同様に進め、柄の形態(下太型と通直型)と系統との関係を解明する。
研究分担生物機能・きのこ生研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030101
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat