環境形成物質によるダニ防除法の開発(846)

環境形成物質によるダニ防除法の開発(846)

課題番号1992004933
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題生物機能の解明による新利用技術の開発
大課題森林植物及び微生物の生物機能解明と高度利用法の開発
中課題森林植物が生産する環境形成物質の機能の解明
小課題環境形成物質によるダニ防除法の開発(846)
摘要これまで、33種類の精油と5種類の精油成分がダニの行動に対し効果を示すこと、ならびに、その効果はダニの種類によって異なることを明らかにしてきた。今回の研究の目的は、その効果に関して、用量−反応関係を得ることである。ヤケヒョウヒダニを用いて、メタノール抽出した木粉にヒバ材油を添加した。その結果、元来含まれている精油含量の10%程度の精油の添加によって効果が認められた。成果は、木材学会ならびに生気象学会で発表してきた。今後の課題は、実用化に向けて、住居内での精油の設置法を確立することである。
研究分担生物機能・活性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030118
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat