木材腐朽菌の樹種選択機構の解明(857)

木材腐朽菌の樹種選択機構の解明(857)

課題番号1992004942
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H04
年度1992
研究問題生物機能の解明による新利用技術の開発
大課題森林植物及び微生物の生物機能解明と高度利用法の開発
中課題微生物による樹木成分分解機構の解明とその利用技術の開発
小課題木材腐朽菌の樹種選択機構の解明(857)
摘要カワウソタケの担子胞子発芽率を5種類の培地で調べた結果、30℃でサクラ材熱水抽出物を加えた培地で発芽が良く、抽出物中に発芽促進物質があることが示唆された。更に熱水抽出物を溶媒分別し活性画分を検索した結果、ブタノール抽出画分にあり、樹皮部の方が活性は高かった。酢エチ抽出画分にも活性があるので、配糖体等の化合物が活性成分として推定された。発芽温度特性については、4℃〜28℃では10日後でも発芽せず、40℃で高い発芽率を示した。菌寄生菌であるTrichodermaの分生胞子発芽に対しサクラ木部熱水抽出物は、発芽率を大幅に抑え、発芽管長も抑えることが判り、何らかの発芽抑制物質が存在することが示唆された。
研究分担森林生物生物機能・微化研腐朽研(科長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030127
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat