スギの諸抵抗性の遺伝的要因の解明(861)

スギの諸抵抗性の遺伝的要因の解明(861)

課題番号1992004946
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S62〜H06
年度1992
研究問題森林遺伝資源の保全と利用の高度化
大課題森林植物の遺伝的評価と高度利用技術の開発
中課題林木の形質の遺伝分析
小課題スギの諸抵抗性の遺伝的要因の解明(861)
摘要マツ科マツ属の耐凍性と脂質の関係を調べるために91年 2月19日及び91年7月24日に関東林木育種場(林木育種センター)内に植栽されている2葉松類の針葉を採取し、全脂質を抽出し、約7種の脂質にクラス分けして、それぞれの脂質を構成する脂肪酸の組成を測定した。Pinus pinaster, P. massoniana,P. thumbergii, P. mugoの4種のフォスファチジルエタノールアミンの量及び脂肪酸組成では、全ての種において冬の1年生葉と夏の2年生葉で、量は減少しており、脂肪酸組成ではパルミチン酸(16:0、炭素数16、不飽和結合数0)がP. mugoを除き増大していた。脂質1分子当たりの不飽和結合数では、P. pinaster を除き減少する傾向が見られたが、余り大きな差ではなかった。
研究分担生物機能・遺伝分析研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030131
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat