早生カンキツ第5次育種試験(35)

早生カンキツ第5次育種試験(35)

課題番号1992001182
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継S51〜H07
年度1992
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の品種育成
中課題果樹の育種試験
小課題早生カンキツ第5次育種試験(35)
摘要栽培しやすく品質優良な新品種を育成するため、選抜調査を継続して実施中である。これまでに4系統を興津41号、同43号〜45号として、第6回及び第7回系統適応性検定試験に供試中である。このほか平成3年度までの選抜調査の結果、F−180(清見×ウィルキングマンダリン)、F−202(同)、E−934(清見×フェアチャイルド)などが優良であった。このうち、F−180は興津47号として、平成4年度から第7回系統適応性検定試験に追加供試することにした。本系統は大果で、果皮が薄く滑らかで、剥皮性があり、じょうのうが薄く食べやすい。果肉にはオレンジの香りがある。熟期は1月中旬〜2月中旬である。
研究分担興津・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030209
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat