カンキツの糖酸組成

カンキツの糖酸組成

課題番号1992001214
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の品種育成
中課題果樹の品種比較試験
小課題カンキツの糖酸組成
摘要熟期及び食味と密接に関係する糖酸含量とその組成の品種特性を明らかにする。7ー8年生のウンシュウミカン32系統を供試し、糖酸組成を調査した。また、香酸カンキツと無酸カンキツについても調査した。ウンシュウミカンの系統間にも多少糖酸組成の差異が認められたが、糖ではシュークロースが55%以上であり、酸はクエン酸が75%以上であった。一方、無酸カンキツでは、シュークロース比率が5ー27%と小さい品種が多かった。また、酸含量が少ないのは、主にクエン酸が蓄積されないためであることが明らかとなった。
研究分担興津・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030241
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat