ナシ属有用系統の保存(85)

ナシ属有用系統の保存(85)

課題番号1992001235
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継S22〜H99
年度1992
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の遺伝資源の確保とその手法の開発
中課題果樹遺伝資源の保存と保存法の確立
小課題ナシ属有用系統の保存(85)
摘要平成3年度は、新たに20品種・系統の収集、受入があった。ただし、種子で導入された野生種4系統が発芽しなかったため、平成4年3月現在の保存数は栽培品種・系統260、野生種・系統199の合計459である。内訳はマメナシ32系統、チュウゴクナシ栽培品種及び野生種67、朝鮮半島栽培品種及び野生種12、ニホンナシ栽培品種・系統及び野生種238、その他(セイヨウナシ等)栽培品種及び野生種110である。
研究分担育種・育種2研業務
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030262
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat