カンキツ類遺伝資源における培養システムの実用化と問題点の解明

カンキツ類遺伝資源における培養システムの実用化と問題点の解明

課題番号1992001242
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間新H04〜H08
年度1992
研究問題果樹の品種と台木の育成
大課題果樹の遺伝資源の確保とその手法の開発
中課題果樹遺伝資源の保存と保存法の確立
小課題カンキツ類遺伝資源における培養システムの実用化と問題点の解明
摘要カンキツ類の多様な遺伝資源は、育種素材としてばかりでなく、各種の研究に貢献するものであるが、その維持に要する労力、経費も大きい。そのため、遺伝資源管理において、インビトロでの保存を併用して、省力的で安全なシステムが期待されている。インビトロで、遺伝資源の無毒化、保存、流通を実用化するためには、品種ごとの培養及び保存条件、維持労力、遺伝的生理的安定性など解明すべき点が多い。本課題は、これらの問題解決を通じて、培養系における遺伝資源の効率的管理システム構築を目的とする。
研究分担興津・育種2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030269
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat