果樹類における細胞培養系及び植物体再生系の開発(120)

果樹類における細胞培養系及び植物体再生系の開発(120)

課題番号1992001265
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H02〜H07
年度1992
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹類の生物工学的育種技術の開発
中課題果樹類の細胞培養技術の開発と利用
小課題果樹類における細胞培養系及び植物体再生系の開発(120)
摘要果樹では果実の存在が重要であるにも関わらず、その培養を検討された例は、カンキツを除いて殆どない。そこでモモ(白鳳)未熟果を明所で培養すると、緑色から赤色に変化しながら増大することがわかった。さらに長期間培養を継続すると、褐変した。これは、樹上の果実の肥大と同様に細胞容積の増大によるものであった。果肉肥大には、樹上果実の生育時期や果皮の有無は殆ど影響しなかった。肥大率をモモの品種間で比較すると差がみられた。ニホンスモモでも肥大するものとしないものがあった。これらの結果、果実肥大における生理、生化学的な研究や果実における遺伝子発現の解析がインビトロで可能となった。
研究分担育種・育種1研加工適性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030292
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat