カンキツのSDV等ウイルス抵抗性素材の作出(123)

カンキツのSDV等ウイルス抵抗性素材の作出(123)

課題番号1992001267
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹類の生物工学的育種技術の開発
中課題果樹類の細胞培養技術の開発と利用
小課題カンキツのSDV等ウイルス抵抗性素材の作出(123)
摘要カンキツとは遠縁で交配できないが耐病性を示すゲッキツを用い、トロビタオレンジ(カルス)との細胞融合による育種素材の作成を試みた。融合操作後のヘテロカリオンの形成率は、これまでカンキツ同士で行なった結果とほぼ同じで、平均15%前後であった。培養2〜3ヵ月後、緑色の胚様体が観察されたが、Citrus同士の組み合わせよりも少ない緑色胚様体が得られた。植物体を育成し、雑種性を調査したところ、多くが雑種個体であることが判明した。また、これらの多くが奇形を示していたが、新しい培地に植えかえたところ、シュートを形成するものがあった。
研究分担興津・育種2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030294
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat