リンゴにおけるTi,Riプラスミドによる形質転換(132)

リンゴにおけるTi,Riプラスミドによる形質転換(132)

課題番号1992001275
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間止S61〜H03
年度1992
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹類の生物工学的育種技術の開発
中課題果樹類の遺伝子操作技術の開発と利用
小課題リンゴにおけるTi,Riプラスミドによる形質転換(132)
摘要リンゴにおける形質転換技術を開発するため,野生種アグロバクテリウムを用いて形質転換体の作出を図り,得られた個体の諸特性について検討する。これまでに,マルバカイドウの培養シュートにニードル法で A.rhizogenesを接種し,形成された毛状根から形質転換した植物体を再生させることができた。獲得した形質転換体は,元植物と比較して,不定根の形成が著しく良くなったが,試験管内ではそれ以外の形質に大きな差異は認められなかった。今後目的遺伝子を導入するために,さらに試験を進める必要があるが,本課題は平成3年度で中止し,新規課題「寒冷地果樹の形質転換技術の開発と利用」に引き継ぐ。
研究分担盛岡・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030302
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat