果樹の形質転換体作出法の開発

果樹の形質転換体作出法の開発

課題番号1992001278
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹類の生物工学的育種技術の開発
中課題果樹類の遺伝子操作技術の開発と利用
小課題果樹の形質転換体作出法の開発
摘要カキは結果樹齢に達するのに長期間を要し、また、雄花を着ける品種や完全甘ガキの品種が少ないことなどから交雑育種が困難な樹種である。このため、カキについて形質転換系を開発し、将来の遺伝子操作に備える。本年度は、主要なカキ品種について再分化可能なカルスの誘導を図る。
研究分担安芸津・育種法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030305
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat