機能性ペプチドの利用による新食品素材の作出(134)

機能性ペプチドの利用による新食品素材の作出(134)

課題番号1992001279
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹類の生物工学的育種技術の開発
中課題果樹類の遺伝子操作技術の開発と利用
小課題機能性ペプチドの利用による新食品素材の作出(134)
摘要低温誘導性タンパク遺伝子とハイグロマイシン耐性遺伝子の両方を同時にエレクトロポレーション法によりネーブルオレンジプロトプラストに導入し、ハイグロマイシンで選抜したところ、62の耐性コロニーが得られた。このうち15コロニーについてハイグロマイシン耐性遺伝子部分をプライマーとしてPCRを行った。その結果、8コロニーでバンドが認められ、形質転換体であることが明らかとなった。低温誘導性タンパク遺伝子が導入されているか否かは現在検討中である。
研究分担安芸津・育種法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030306
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat