カンキツにおける幼若性の解明と制御技術の開発(143)

カンキツにおける幼若性の解明と制御技術の開発(143)

課題番号1992001291
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H02〜H05
年度1992
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹の交雑育種技術の効率化
中課題果樹の結果樹齢短縮技術の開発
小課題カンキツにおける幼若性の解明と制御技術の開発(143)
摘要カンキツの幼若性の機構を解明し、相転換のコントロールについて検討する。カンキツに特異的な幼樹開花について、GA,ABA,ブラシノライドの影響を検討したところ、GAの1月以後の処理により、着花が促進された。また、幼樹開花特性を持つマーシュシードレスグレープフルーツと河内晩柑の後代では約1/3の実生で幼樹開花特性が認められた。
研究分担興津・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030318
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat