カンキツの土壌環境の調節によるジュベニリティ制御技術の開発(146)

カンキツの土壌環境の調節によるジュベニリティ制御技術の開発(146)

課題番号1992001295
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹の交雑育種技術の効率化
中課題果樹の結果樹齢短縮技術の開発
小課題カンキツの土壌環境の調節によるジュベニリティ制御技術の開発(146)
摘要’90年春に高接ぎしたウンシュウミカン及びシィクワシャー(実生由来及び成熟相由来)の供試樹の両側を等高線状に40cmの深さに溝を掘り,乾燥処理区(透湿性ビニールマルチ区)と対照区(露地区)を設けた。処理は’91年8月7日に開始し,対照区には9月6日潅水を行った。9月の台風(13〜14日17号,27日19号)により,マルチ処理は一時中断されたが,その後再処理を行った。台風により供試樹は著しく落葉し,その後秋芽を発生した。シィクワシャーでは着花した樹があり,着花数調査を行った。着花した樹はいずれもマルチ区であり(10本中4本),成木由来の枝の38%に着花した。実生由来の枝には着花は認められなかった。
研究分担口之津・栄養生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030322
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat