カンキツのリモノイド系苦味成分の成分育種法の開発(148)

カンキツのリモノイド系苦味成分の成分育種法の開発(148)

課題番号1992001297
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H02〜H06
年度1992
研究問題果樹の育種技術の開発
大課題果樹の交雑育種技術の効率化
中課題果樹の結果樹齢短縮技術の開発
小課題カンキツのリモノイド系苦味成分の成分育種法の開発(148)
摘要リモニンに対する抗血清を作出し、簡便迅速、高感度測定法としての酵素免疫測定法(EIA)を確立した。リモニンオキシム・牛血清アルブミン結合体を抗原とし、ウサギに対し免疫を行い、抗体を得た。この抗体を用い、EIAによりカンキツ果汁のリモニン量を測定した。リモニンの測定範囲は10ngから10pgまでと広範囲で、高感度であった。EIAによる測定値とHPLCによる測定値との間の相関係数はr=0.985と極めて高かった。この高い相関係数は、果汁の塩化メチレン層によるEIAで得られた。以上の結果から、果汁の塩化メチレンによる簡単な前処理を伴うEIAで多数のサンプルのリモニンの定量が可能となった。
研究分担口之津・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030324
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat