晩生カンキツの樹体栄養と品質との関連(153)

晩生カンキツの樹体栄養と品質との関連(153)

課題番号1992001304
研究機関名果樹試験場(果樹試)
他機関四国農試
研究期間継S62〜H06
年度1992
研究問題果樹園の生産環境及び樹体栄養の要因解明とその制御
大課題果樹の樹体栄養の解明と栄養生理障害対策技術の確立
中課題樹体栄養が生産要因に及ぼす影響の解明
小課題晩生カンキツの樹体栄養と品質との関連(153)
摘要窒素施用量試験樹(なつみかん)34本について,1月に果実を採取し,品質及び無機成分含量について調べた。無窒素区で着色は劣り,窒素施用量が増すと果皮中のリン酸,カルシウム,マグネシウム含量が低下した。また,果肉中窒素含量が増え,リン酸,カリ含量が低下した。以上の結果は,過去4年間の成績と近似していた。窒素施用量が変わると,果実中の無機成分は窒素以外にも大きく影響を受けるが,果汁の品質については,樹の個体間差を越える程の影響は出なかった。
研究分担口之津・栄養生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030331
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat