川野なつだいだい成木に対する窒素施用量試験(154)

川野なつだいだい成木に対する窒素施用量試験(154)

課題番号1992001305
研究機関名果樹試験場(果樹試)
他機関四国農試
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題果樹園の生産環境及び樹体栄養の要因解明とその制御
大課題果樹園の施肥及び土壌改良・管理技術の開発
中課題果樹園の長期ほ場試験による土壌−樹体間の関連要因の解明と摘出
小課題川野なつだいだい成木に対する窒素施用量試験(154)
摘要なつみかん(21年生)の窒素施用量を4段階(無,少,中,多)に変えて5年目の調査を行った。幹周に差は無かったが,樹容積は,無,少窒素区でやや小さかった。収穫量は,無,少窒素区で個数,重量とも少なかったが,一果重では差が無かった。隔年着花は窒素施用量を減らすと助長された。5年間の結果を総合すると,成木での窒素施用量試験では,窒素施用量が少なくても幹周への影響は現れ難く,樹容積も処理後4年目まで殆ど影響を受けなかった。収量は処理3年目から減少した。隔年着花は処理2年目から現れた。
研究分担口之津・栄養生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030332
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat