果樹の休眠期における発育速度の感温特性(159)

果樹の休眠期における発育速度の感温特性(159)

課題番号1992001312
研究機関名果樹試験場(果樹試)
他機関野菜・茶試
研究期間延S63〜H05
年度1992
研究問題果樹園の生産環境及び樹体栄養の要因解明とその制御
大課題果樹の気象的適地判定法と生産予測法の確立
中課題気象及び樹体要因に基づく生産予測法の確立
小課題果樹の休眠期における発育速度の感温特性(159)
摘要次年度にポットでおこなう試験の予備試験として,ブドウ主要3品種の自発休眠期の発育速度を切り枝を利用して温度別に測定した.どの品種でも少なくとも0〜9℃は自発休眠覚醒に有効な温度と判断できた.しかし,この温度範囲では低いほど早く自発休眠が覚醒した.低温要求量の品種間差異が存在するようであり,‘ルビ−オクヤマ’が短く,以下,‘巨峰’,‘デラウェア’の順であった.
研究分担安芸津栽培・気象研栽培研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030339
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat