生理活性物質によるカキの果頂軟化症の抑制(210)

生理活性物質によるカキの果頂軟化症の抑制(210)

課題番号1992001348
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題果樹の生理・生態特性の解明による栽培管理技術の開発
大課題果樹の成熟生理及び成熟異常の要因解明と制御技術の開発
中課題果実の成熟異常現象の原因,機構の解明と防止技術の確立
小課題生理活性物質によるカキの果頂軟化症の抑制(210)
摘要カキの果頂軟化を抑制するため、果頂軟化が発生しやすい鉢植えの‘ロ−19’を用い、袋掛けによる効果を検討した。モモ用の袋を7〜9月に被袋した結果、「りんもん」の発生程度が減少し、発生した「りんもん」も無処理区の様に黒変することはなく、果頂軟化の発生は明らかに低下した。被袋時期は早期の7月8日に実施した区で果頂軟化は認められず、ほぼ完全に防止することができた。さらに処理適期と袋の種類を確認する必要がある。
研究分担栽培・栽培2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030375
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat