リンゴステムグルービングウイルスの抗血清を用いたFab2間接ELISAによるカンキツタターリーフウイルスの検出

リンゴステムグルービングウイルスの抗血清を用いたFab2間接ELISAによるカンキツタターリーフウイルスの検出

課題番号1992001371
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹病害の病原同定及び診断法の確立
中課題果樹の病原ウイルスの同定及び診断法の確立
小課題リンゴステムグルービングウイルスの抗血清を用いたFab2間接ELISAによるカンキツタターリーフウイルスの検出
摘要リンゴステムグルービングウイルス(ASGV)はカンキツタターリーフウイルス(CTLV)と遠い血清学的関係が近年認められた。ASGVのFab2を用いる間接ELISAによりCTLVの検出を試みた。その結果,CTLVのLi23(岡大株),丹生系および■(口之津保存株)の各分離株を罹病草本(キノア)およびカンキツから明瞭に検出できた。ASGVの間接ELISAによってCTLVを検出したことは初めての知見である。罹病ポンカンから時期別にCTLVの検出を行なったところ,4月の春葉と9月の若い秋葉の発色が強く,春葉に加えて秋葉も診断に用い得ることが判明した。以上の結果と既知の知見から,本間接ELISAによりリンゴ・ナシのASGVとカンキツのCTLVを広く検出できることが明らかになった。
研究分担口之津・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030398
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat