カキのウイルス病様症状の発生状況及び伝染性(236)

カキのウイルス病様症状の発生状況及び伝染性(236)

課題番号1992001376
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継S63〜H05
年度1992
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹病害の病原同定及び診断法の確立
中課題果樹の病原ウイルスの同定及び診断法の確立
小課題カキのウイルス病様症状の発生状況及び伝染性(236)
摘要1988〜1991年に全国のカキ産地で見られる、モザイク、奇形葉、クリンクル、黄化、枝の凹陥、異常落果、異常落葉、樹勢衰弱、発芽遅延、萎縮、巻葉、縮葉などの各種のウイルス病様症状樹から穂木を採取して、’西条’実生苗または’富有’に接ぎ木した。接ぎ木後1〜2年を経過したが、現在までのところなんらの症状も見られず、接ぎ木伝染性はみられていない。これらについて継続観察を行うとともに、さらにウイルス病様症状の探索を行い、接ぎ木伝染性のものを探索する。
研究分担安芸津・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030403
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat