合成周縁キメラNF−1,NF−3と母品種の果実特性

合成周縁キメラNF−1,NF−3と母品種の果実特性

課題番号1992001403
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題果樹病害の発生生態の解明と防除法の確立
大課題生物学的手法による果樹病害の防除法の確立
中課題果樹病害抵抗性組織を導入した新個体作出による病害防除法の確立
小課題合成周縁キメラNF−1,NF−3と母品種の果実特性
摘要口之津・病害研で作出した合成周縁キメラとその母品種の福原オレンジ(F)および川野なつだいだい(N)の果実特性を調べた。その結果を果皮に注目して述べると,NF−1の果皮は油胞の密度が(密),香りが(オレンジに近いが異なる)などで,Fの果皮の(密),(オレンジ)などに近かった。NF−3の果皮は油胞の密度が(中),香りが(ナツミカンで少しうすい)で,Nの(やや粗),(ナツミカン)に近い。以上のことから,NF−3はNまたはこれに近い果皮を持つものと推察した。このことは合成周縁キメラの作出により,病害抵抗性の品種組織を果皮に組入れられる可能性を裏づけるものである。
研究分担口之津・育種研病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030430
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat