ハダニ類の種および系統間における遺伝形質の変異(267)

ハダニ類の種および系統間における遺伝形質の変異(267)

課題番号1992001408
研究機関名果樹試験場(果樹試)
研究期間継H01〜H04
年度1992
研究問題果樹害虫の発生生態の解明と防除法の確立
大課題果樹害虫の分類及び同定並びに種内分化の解明
中課題果樹害虫の種内分化の解明
小課題ハダニ類の種および系統間における遺伝形質の変異(267)
摘要ポリペプチドの相同性の分析からタケスゴモリハダニ種群およびミカンハダニ地域個体群間の遺伝的系統関係を検討した.タケスゴモリハダニはススキに寄生しているHおよびWH型とタケやササなどに寄生するS,M,LMおよびL型の2群に分かれた.ミカンハダニの非休眠系統と休眠系統間では共通の特異的スポットが乏しく比較が困難であった.非休眠系地域個体群では神奈川と和歌山が最も近縁で,福岡,愛媛,鹿児島の順に結合し,遺伝的変異に地理的影響が示唆された.鹿児島の個体群と他の個体群との距離はタケスゴモリハダニ種群のススキとタケ・ササの個体群との距離より大きく,遺伝的変異量の種間差異が認められた.
研究分担安芸津・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030030435
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat